想いをかたちに裏山

裏山
Pocket

裏山でわかる国際情勢

裏山の失敗しない通販店舗選び、通販ショップ大集合です

僕がユノと早すぎる結婚に突き進んだのは、ユノが輝きすぎていたからだと思う。モテる男の彼女が不安になって、早く結婚に持ち込もうとする、そんな話とたぶんあまり変わらない。
もっとも、早く結婚したがったのも、プロポーズしてきたのもユノではあるんだけど、本来の僕ならもっと慎重になっていたはずなんだ。

大学に入ってすぐ、噂のユノ先輩と出会って、「一年生のチャンミン君?…そう、君、きれいな目をしているね」と指先で頬を撫でられたとき、電流が走った。
その人の目は澄んで深く黒く、心まで吸い込まれそうだと、身震いしたんだ。
僕もユノも同性に心動かされたことはそれまでなかったのに、二人一緒に離れられなくなった、としか言えない。
そして、天性のスター性がありすぎるこの人と、結婚さえすれば安心して一緒にいられると思った僕は、物事を単純に考えていたのだろうと思う。

ユノが幼稚園の後継者だと知ったとき、僕が想像したのはありふれた小さな幼稚園だった。
結婚前にまず挨拶をとユノに連れていかれて、初めて僕は思い違いに気がついた。
「ここなんだ」郊外だが田舎ではない、この立地でこの広大な敷地、どう見ても普通の幼稚園の何倍もある校舎、裏山まですべて幼稚園のもので、しかも裏山の中にも小さな校舎が点在し、立派な屋内プールが別に建っていて、…頭が混乱した。
「ちょっと待って、こんなの見たことない」「うち、この国で一番大きい幼稚園なんだよ。テレビ取材されたこともあるし」「生徒何人いるの?」「大体1000人かなあ」「幼稚園で、…1000人?」
子どもも多いが働く大人も多く、スクールバスだけで何台もあり、各クラスは担任以外にパートの副担任が二人もいるという。
「先生も多いよね?」「うち、障害児枠で各クラス二人受け入れてるんだ。それに、それ以外にも微妙な子とかいるから、副担任は多くないと回らない」
「これだけの土地って…」「全部元々うちの土地なんだ。実家は隣だよ」
万事スケールが桁外れで、とんでもない人と自分は結婚しようとしているのではないか、と慄然とした。

そして結婚10年…僕なりにがんばってきたつもりではあるのだけれど、自信は持てない…。
特に最近、ユリ先生の僕を見る目付きに気づいてからは、不安しかない。
ユノは人たらしすぎて、砂糖に群がる蟻のように、人々が寄ってくる。
園長となったユノにまとわりつく子どもたちは、本当に可愛いアリンコたちだ。
女の先生たち、お母さんたちもそのほとんどが無害なアリさんにすぎない。
でもユリ先生は、その愛らしい容姿の割に鋭すぎる視線で僕を突き刺してきた。
最初は気のせいかと思ったけれど、廊下でぶつかってこられて「あっ、すみませーん」と言いながらも意地悪くにやついている顔を見て、気のせいじゃないと思い知った。
そして今日、おそらく僕がいると知ってて…給食は業者が入っていて、給食室の隣に管理栄養士である僕の事務室があるのだけど…大声で話している女の先生たちの声が聞こえた。
「園長先生、まだ若いしイケメンだし、もったいないよねー」「既婚者でしょ、仕方ないよ」「そんなこともないよ、押し倒して子どもでも作っちゃったら、勝てるんじゃない?」「ちょっ、こんな場所で大声ヤバいよ! ここ奥さんいるんじゃないの?」「ふふっ、奥さんったって、男じゃん…」「ユリ、いいかげんまずいって!」
部屋の扉は開け放していて、言葉は全部届いた。全部全部、聞かせようとしたんだ、と感じた。
…実を言うと僕は、ユノの裏切りを心配はしていない。だが、ここに僕の居場所はあるんだろうか?幼稚園は辞めて、別の仕事でもした方が、もしかしたらユノのためにもいいのかも…。
一緒に働いてユノの役に立てるなんて、僕の思い上がりだったのかもしれない。
あのユリ先生だって、仕事自体はちゃんとしてる。僕が目に入ることが、彼女の心をざわつかせてしまうだけで、たぶん根っから悪い人なんかじゃない。ここの先生するくらいなんだから。
この幼稚園は大きいだけじゃない。大きさを活かして、よそではできないこともたくさんしている。例えば、これほどたくさん障害児を受け入れている幼稚園はたぶんない。ここに子どもを入れるために引っ越してきたという家族だっているんだ。
それができるのは、潤沢な職員配置、豊富な資金力、ユノにしたってある意味、企業のカリスマ社長に近く、普通の園長先生の枠を超えている。それだけに先生の負担も大きいかもしれないし、園の方針についてこられる熱い先生しか採らないという。
僕がいなければユリ先生は、優しいアリさんの一人だっただけじゃないのかな。

「チャンミン先生?大丈夫?…顔、真っ青だけど」給食業者のチーフ、ボアさんがそこにいた。僕が一番一緒に仕事をする相手と言ってもいい。
「ねぇ先生、さっきの園長先生に言うべきよ」「あ…」さっきのを聞かれていた、ということが僕には恥ずかしすぎて、目の前が暗くなった…。
ぽちっとお願いします( ´∀`)/~~
にほんブログ村
*「夫婦の時間」あれで独立した話のままでもいいんですが、その先なり裏なりを描くと…というわけで、もう少し続きます。
少し体調悪く、今夜は9時の「片想い」はお休みしますm(__)m

[広告] 楽天市場

  • 裏山の宇宙船 下【電子書籍】[ 笹本祐一 ]
  • 裏山の宇宙船<上> (創元SF文庫) [ 笹本祐一 ]
  • 裏山の宇宙船<下> (創元SF文庫) [ 笹本祐一 ]
  • estaa Koto Thouin エスタ コトトワン 裏山の正面 雨傘 スカイブルー 折りたたみ傘 レディース傘 おしゃれ傘 かわいい傘
  • estaa Koto Thouin エスタ コトトワン 裏山の正面 雨傘 ベージュ 折りたたみ傘 レディース傘 おしゃれ傘 かわいい傘
  • estaa Koto Thouin エスタ コトトワン 裏山の正面 スカイブルー 長傘 レディース傘 おしゃれ傘 かわいい傘
関連記事