新型コロナウィルスに関する都市伝説7個

新型コロナウィルス

新型コロナウィルスさまざまな視点から商品を比較・検討できます

発心の道場、徳島県の二十二番札所、平等寺のご紹介です。徳島県阿南市新野町秋山1770884-36-3522御影(おすがた、みえ)です。御本尊は「薬師如来」です。まだまだ先の見えない、「新型コロナウィルス」の脅威。疫病退散のご利益のある、薬師如来様のお力にすがって見えない大敵から1日でも早い完全収束を願います。目には見えない「力」は、何よりも強いです。「平等寺」という寺名は、お大師様自ら「人々を平等に救済する」という願いから付けられました。また平等寺は、「健脚」にご利益のある札所としても有名です。仁王門です。小さな山の麓に、ひっそりとたたずむ静かな札所です。本堂です。平等寺の境内で、コーヒーとかアイスを販売している地元の親子さんがいるのですが、暑い時期の「冷た~い甘酒」が、絶品です!(笑)こちらで買い物をすると、息子さん手作りの「同行二人ステッカー」がもらえます^^仁王様です。江戸時代中期の作とされています。仁王様に合掌すると、いつも心が洗われる気がします。悪いことをしないようにと!!大師堂です。色鮮やかな帯で、お大師様とつながります。南無大師遍照金剛。お大師様が自ら掘られた、「弘法の霊水(白水の井戸)」です。814年に掘られたこの井戸は、年中枯れることなく今も本堂の横で「開運の霊水」として信仰を集めています。平等寺から見た眺めです。静かで穏やかーな場所です。四国八十八カ所霊場会HPはこちら。生涯、一度は四国八十八カ所へ巡礼したい。お大師様と共に、遍路旅に出たい。しかし・・・さまざまな事情によって、(四国から遠い、ご高齢、お体が不自由 等)諦めているあなた様に代わりまして、私、橋本克己(香川県丸亀市)が、代理参拝させていただきます。正直に・・・誠実に・・・詳しくはこちら。

僕が泣き虫なんじゃなくてこの新型コロナウィルスが素敵なんだと思います。

こんにちは、ふくこです。

ADHD・自閉症スペクトラムの長男ハル(中1)・次男ツトム(小3)と5歳の三男ケイ(年長)

賑やか三兄弟&夫とともに、5人で暮らしています。

→★2020年度の詳しいプロフィール
前回の、長男(中1)の校則の話読んでくださりまたコメントも沢山…どうもありがとうございました。返信、ゆっくりさせいただいてます
鞄を荷台にくくりつける校則、無い地域も有る地域も…色んなご意見やお話を聞かせてもらえて、ありがたかったです!それからケガの心配まで…ありがとうございます( ;∀;)
最初の1週間で、合計5回くらい転んでますが💦今のところケガは無し。毎日、様子を見ています。おかげさまで、少し慣れてきたような感じもします!
・・・・・・・・・・

今日は、次男ツトム(小3)の話です。
休校明けの今月ですが
ADHD・自閉症スペクトラム等で人とのコミュニケーションが少し難しいツトムです。
そんなツトムが約3ヶ月間も休んだんだもの...(lll´Д`)ところが…
意外なことに、最初の1週間

私が起きて、リビングに降りると
既にツトムは起きていますそれもほぼ連日…

ツトムって、朝が本当に弱いんですよ
ハルは、いつも(早寝早起きだから)私よりも先にリビングに居ても全く普通な感じがするんですけどね…(^^;)
ツトムが既に起きてるなんて!それも機嫌よく!!私は驚きました

休校中も、たまには早起きしてることもあったけど
起きてもボッヘーとしてたり、あとはリビングで二度寝とか。起きた意味とは!?...ってパターンばかりでしたが...←まぁ二度寝って、気持ちいいんですよね~(;´∀`)

「おはよ!ツトム早起きだねぇ!」と、私が言ったら絵本の貸出と、
新たな虫との出会いが楽しみで
早く起きたんだそうなヽ(・∀・)ノ
休校中のニュースで、インタビュー受けてた小学生がよく「友達や先生と、早く会いたいです!」って言ってたけど...そういうのではないのが、ツトムらしいです!

あとは、「緊張」もあるのではないかと私は思っています
(多少の用意し忘れなどはあったものの)まぁまぁ自分から、朝の準備をして
登校班で、歩いて学校へと向かいました。
もう、ツトムにしたらそれだけで充分すぎるくらいです。この日は午後始まりだったハルが
「ツトム...俺がいなくて大丈夫かな〜」とか言ってた(笑)

下校は、相変わらず
まだ私が迎えに行ってます!(^^;)

(※今年度からは、ぼちぼち自分だけで帰ってきてもらうつもり...←やっと)

お迎えのとき
今年度の先生にではなく昨年度担任だった、小金井先生と遭遇しましたちょっと太ったそうで…(←白米が好き過ぎるらしい)「体重は、0.1t 以上を維持してますよ」とやや自嘲気味に言ってましたw
小金井先生とは、昨年度本当によくお話しさせていただきました!*Instagramでは昨年度のことを書いてるのでまだまだお話させてもらってますが(^^)

それでも、新型コロナウィルスの影響で突然の休校になっちゃったから
先生は、とても悔しがっていました。先生が約1年間、一生懸命やって下さったことは私も、とてもよく覚えています。
ツトムが虫を観察しに行き、離れた少しの間ちょっとだけ小金井先生と話をしました。

「ツトム、大丈夫そうですか?」
そう聞かれて、私は
「小金井先生が特性を理解しようとして下さって
ツトムはもちろん私自身もたくさん考えさせられましたし一年間、本当に救われました。

ありがとうございます。」と伝え

「でも、そんな感じだっただから…💦
小金井先生とは違う学年になってツトムがやっていけるのか…
正直、心配ではあります(^^;)」とも言いました。

先生は
「教師って
自分が担任じゃなければ、その子が輝けないような仕事しちゃいけないですよね。
自分が居なくなってもその子が輝き続けられるような仕事しないと。
俺はそれを、出来てたのかな…。」と
虫を探すツトムを見ながら、言いました。

今の時点では、答えは分からないです。
でも
「ツトム…長い休み中に
要所要所で、時々ですが
『小金井先生がこう教えてくれたんだ!』ってセリフを言ってました。

先生が、居ないところで言ってました。
だから、私は嬉しかったです。
ありがとうございます。」
ツトムが本当に言ってたから
先生に、そう言っただけ。
でも、私も
私が居なくなっても彼らがしっかりと生きていけるように

今、子どもたちと一緒に居るようなものだから。
なんだか
先生が言っていることわかるような気がしました。
さぁ、どんな3年生になるのだか
心配だけど…少し楽しみです。
小金井先生とのエピソードは昨年度、何度か記録しました。→★次男ツトムの過去記事

関連記事