数学 新しい出会いに夢のせて

数学

数学ブランドのマニアックサイト

{未経験者可}学習塾教師の求人のご案内です♪
●雇用形態:正社員
●学歴:大卒以上
●お仕事内容:学習塾教師(※塾長、企画、広報等キャリアプランも充実)
中学部、高校部、中学受験部など、様々なステージあり。
集団授業と個別指導の2部門制
希望、適性などを考慮した上で、担当する学年や教科を決定します。
・集団授業 → 教科指導を通じて、成績を上げるお仕事です。
・個別指導 → 「教科を教える」というより、「生徒をマネジメントする」というお仕事です。
○中学部 → 小学4年生〜中学3年生までの授業及び生徒管理
○高校部 → 現役高校生の授業及び生徒管理
○中学受験部 → 中学受験向けの授業及び生徒管理
☆経験の有無にかかわらず活躍できる万全の研修制度を整備しています。
●必須資格:普通自動車免許(オートマ限定可)
●必須経験:特になし(業界経験や指導経験の有無は不問)
●歓迎資格:特になし(教員免許の有無は不問)
●歓迎経験:中学受験の指導経験がある方

難関大学向け数学または、英語の受験指導ができる方
●勤務地:北関東

埼玉県 さいたま市(大宮区、北区)、春日部市、熊谷市、深谷市、本庄市

群馬県 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市、渋川市、館林市、邑楽郡大泉町

栃木県 宇都宮市、小山市、栃木市、足利市、佐野市
☆UIターン歓迎

☆社宅制度完備 アパート、マンションを契約して、家賃補助あり

☆敷金、礼金、仲介手数料の他、引越費用まで全額会社負担
●給与:31〜50万円/月額

☆理論年収500万円以上
●勤務時間:13:30〜22:30
●昇給賞与:昇給 年1回(4月)、賞与 年2回(9月、1月)
●諸手当:通勤手当、家族手当、役職手当
●休日休暇:週休2日制(日曜+月曜〜金曜で1日)、GW、夏季、年末年始、有給、慶弔
●福利厚生:社会保険完備、財形貯蓄、団体保険、定期健康診断、社宅、社有車貸与、保養所(御宿、軽井沢)
●備考:勤務時間、休日休暇ともに、講習期間中(春期、夏期、冬期)は、変動あり。
●試用期間:3ヶ月(習熟度により期間の変動あり)
☆転職お祝い金あり♪

お気軽にお問い合わせください。
経験豊富なあなた専任の転職エージェントが
転職活動をしっかりとサポートいたします
 

これでいいのか数学

 野人講習会は野人理論を学ぶ場であり、集中力無くして理解は困難。 常識、習った知識、概念や個々の思いが入れば学びの妨げになる。農法体調復元法共にそれらとは無縁の理論であり、具体的にどうすればよいかという答えは本来自ら出すもの。 協生農法とは自然界の仕組みを説く物理論、見て、やり方を聞いて学ぶものではないからノートも必要ない。理論の理解から入るのだからむー農園を見ても理解の役には立たない。だからその理由に加え、案内に手間もかかる農園視察はお断りしている。 ビレッジへよく届く健康関連の問い合わせ、農法の問い合わせなどの答えを求める回答は困難であり、ブログを探求して理解を深めるしかない。答えたくとも手っ取り早く答えようがないものが大半であり、学び方を変えるしかない。 野人の言う学び方がわからなければ、これもまたブログ内検索して自分でやっていただくか、講習を受けていただくしかない。テーマ「言葉と仕組み」や「野人流学問のススメ」「常識の矛盾」など参考に。 多忙の中、これらのメール、電話対応に野人も含めスタッフ一同本当に苦慮している。 基礎理論から説明する時間もなく、その程度では理解も困難。 講習会、ブログコメントも同じで、聞いて読んで習った一般的な「知識」の質問に応えていたら時間がいくらあっても足りない。講習会での質問は野人理論の範囲内で、自分の「理解が正しいかどうか」に徹していただければ幸いだ。 野人エッセイす記事の内容は、ビレッジ情報やお野人ギャグ以外の大半は物理論であり方程式。学校で物理数学を学ぶのと同じと考えればよい。 数学の教科書の新分野を次々に読んですべて理解した人はいるかな・・書いている「言葉の意味」はだいたいわかるだろうが、理論を理解して使いこなせるだろうか。未知の分野を言葉だけで理解する、そのような人は天才しかいない。 自分なりの「わかった」は理解とは程遠い。理論は読み流すものではなく、まして野人理論は常識とは正反対が大半。 理解して自らの暮らしに役立てたいと思うなら、一歩一歩腰を据えて進んでもらいたい。そうすれば過去の理論記事を10編も20編も連続して読み続けることはなくなるはず。 これらは日常茶飯事で、中には1時間で百編以上読み続けた豪傑もいる。読んでいただくのは嬉しいが、2~3分置きの「いいね」はあまり意味がない。 読みたくて読むのは自由なのだが、それだけ「いいね」を付けられると、昨日、数日間の訪問者のチェックも大変になる。 2個や3個なら苦にはならないのだが・・ 「誰だ・・こんな連続してハンコ押すのは」と、野人はぼやきたくもなる。 好きなだけ読んでも構わないのだが、その場合「いいね」はいらないから静かに読むんだよ・・お願いだから 野人はテキストを提供、あとは自習しなさいと言っているようなものだな。徹底した省エネ思考だからこれくらいは許していただきたい。 作家ではなく肉体労働者なのだから 毎日理論記事一個書くのが限界灘・・ 脳ミソ空っぽになって 衰弱死するかも  学問のススメ 人間とはhttps://ameblo.jp/muu8/entry-10427874610.html野人理論を理解する単純なコツhttps://ameblo.jp/muu8/entry-12017126737.html悩む理由 悩まない理由https://ameblo.jp/muu8/entry-11759511690.html  ごめんね タコ  痛かった?疲れるな コレ・・  子供のお守り  
にほんブログ村 
 愛犬ポチ   アメブロ記事ランキング   協生農法の足跡2https://blogger.ameba.jp/genres/t_restaurant/entries/ranking

関連記事