数学規制法案、衆院通過

数学

僕が泣き虫なんじゃなくてこの数学が素敵なんだと思います。

昨日ルイシャムの学校へ息子を連れていきました。学校サイドはインタビューという名目でしたが、息子が緊張するので見学と説明
学校に到着したら数人の生徒が14:15に学校を終わり徒歩一分の電車駅に先生と向かっていました。駅まで行くんや!と、私の心の中はちょい驚き
そうこう受付でしていたら、カウンセラーの先生がY9の先生と声をかけてくれました。”Hello N(息子の名前)”とてもにこやかで、明るい印象の先生の名前はアンドリュー。なんとこのアンドリュー先生、今の学校の元寮監だったらしい

2年前にこちらの学校に来たから、息子とは被ってないけど、息子は名前を知っていて、昔の印象を聞いたら“サージェント(鬼監督?)と話してました

でもサージェントだった時代は前の学校。今はこちらの学校で一人一人に応じた授業を組んだり、コミュニケーションをとられています。面談中も終始にこやかで、今の学校の話をしたり、こちらでの勉強のすすみ具合を説明してくれたり、タームに一回のワークエクスペリエンスや、これまたタームに一回のキャンプの話、毎週金曜のアクティビティの話、数学とパソコンの教師であること、だから君には特別なプッシュをしてシドニーユニのサマーキャンプも教えてあげれるよ。などと、不安をかき消すような素晴らしいインタビューをしていただけました。
息子は小さな声で得意のパソコンの話だけは返事をし、目は合わせないけどでもしっかり話を聞いていました。そして”気に入ったかい?いつから始める?”となり、うなづいた息子と今やってるパソコンの授業の課題が終わるのが来週金曜だから、それを終わらせた9/4から始めよう、と話がすすみました。

一通り施設を見て、学校の門を出たあと“よかった”“友達にも転校を明日言っていい?”と聞いて来ました。一歩、踏み出た瞬間。
今日は学校で仲の良い友達につたえるようです。あと1週間。全力で今の学校がうまくおわれるようサポートしたいと思います。

⭐︎ランキング登録してます⭐︎ポチっと応援もらったら嬉しいです。 

好きな呪文はザラキ。嫌いなモノは「数学のような女」です。

ご高覧ありがとうございます。初めての方はこちらをご覧ください。 .。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+ 数時間前の書き込みの続きです。★二郎、少し前に数学検定3級の過去問(2次試験)を解いてみました。3級は中学3年程度です。1次試験7割、2次試験6割が合格ラインだそうです。結果は、、、  13/20点(65%)
 素因数分解の処理(3×3→3^2)を間違えなければ、14問(70%)でした。ひーっギリギリ、、、今回は空欄も多いですねぇ。私も問題をいくつか解いてみました。ああ、こりゃダメだ。問題のメインは平方根と因数分解でした。平方根は少しは分かりますが、まだ因数分解は入口しかやっていません。これじゃ解けないな、、、 スタディサプリ中3基礎編に掲載されていた教科書の掲載順序(啓林館)を見ると最初に因数分解をいっぱいやりますね。まだ、中3には進みそうもありません。二郎いわく、、、 「4級までは受験算数でも解けるけど3級はダメ、、、バリバリ数学だよ・・・」 そうだね。プロテインだね(古、、、)。ただ、対策なしで一応合格ラインに乗ったなら、もう少しやればちゃんと3級合格できるのかな、、、二郎も悩んでいます。★どうしましょうねぇ(悩

関連記事