数学という劇場に舞い降りた黒騎士

数学

数学 I LOVE 生活

おはようございます。 フォレスト放課後デイの撹上です。 フォレストの初期からいらっしゃる保護者の方はご存知だと思いますが・・・ 私の昔話を。 小学校時代の私は・・・ おかしな子でした(笑) 自宅が少し高台にあたので、 自宅の前は急な坂道。 自ら切り開いたのだと思うのですが、 その坂道の両側は土がむき出しになっていました。 そこで・・・ 私はミルク缶に水を入れ、 それをむき出しになっている斜面に流し、 一日中それを眺めていたものです。 また、学校でも人と感性が違い、 いいと思って発言したことに反感を買い、 担任の先生に殴られることは日常茶飯事。 言葉を発すると、 殴られる。(当時は虐待という言葉がなかったのか・・・) 親に対しても同じ。 自分の意思を伝えると・・・ 反感を買い殴られる。 そんな小学校時代を過ごしていました。 社会の授業で、シルクロードを知った時には・・・ 「これだ!シルクロードを旅する!!!」と授業中に思わず言ってしまいました。 すると・・・ 「バカな人がいます。中国は簡単に旅できません。」と私の天敵だった担任にバカにされました。 とにかく自尊感情が低い子だったと思います。  中学生になると、 外国に興味を持ち出し、 毎日FEN(英語による放送)を聴いていたものです。 憧れていたシルクロードについてNHKでの旅番組があり、 ビデオに録画をし、なん度も見返したものでした。 おそらく・・・ シルクロード博士レベルになっていたと思います(笑) 「そんなところ行けない」と言われたシルクロードですが、 大学の卒業旅行で旅をしました。 宇宙にも興味を持っていて、 「宇宙の果てはどうなっているのか?」ということを毎日真剣に考えていました。 天文学の本を読み漁り、 物理を勉強し、 それには数学の知識も必要なので数学も勉強をし、 大学生以上の知識を身につけていたと思います。 私が初めて親に伝えた夢は・・・ 「天文学者になりたい」 父親は「バカか。星を眺めて生きていけるわけがない。」と秒殺。  そんな私が・・・ ニューヨークを初めて訪れた時、 夕方のリトルイタリーのカフェで通り過ぎる人たちを眺め眺めていたら・・・ 「なんて心地いいんだ。 人と違っていいんじゃない。 日本はヘンだ! みんなと同じでないといけないなんて。」とやっと居場所を見つけられたと思ったのです。  今でも旅をするのが好きです。 それは・・・ 刺激を常に求めているのと、 人生から逃亡できるからでしょう。  大学時代に読んだ沢木耕太郎の『深夜特急』は私にとってのバイブルでした。 これを読み、香港、中国、シンガポール、マレーシア、タイ、インドと旅をしました。 中東に向かう時に・・・ 戦争が勃発して、旅は断念。 現実の世界に戻されました。 モラトリアムと言うより、 教育学部出身なのに教師になれない(周りに合わせることができないから)。。。 そんな人生から逃げたかったのでしょうね。  私の滞在日数が多い国ベスト3は・・・ 1 アメリカ 2 韓国 3 タイ ここまでは実は前振りだったのです。 渡航回数が一番多いのは韓国でしょう。 もう30回以上訪れているでしょう。 なぜ韓国に惹かれているのかがわかりました。 それは・・・ 次のブログで。     129/365 フォレスト放課後デイ高崎北、高崎東、高崎貝沢は、曜日によっては利用できます。 フォレスト放課後デイ前橋北、高崎浜川は募集を締め切らせていただきました。  詳細は、各事業所にお問い合わせください。 027-212-2099 (前橋北)080-4684-9130https://ameblo.jp/forest-maebashikita/  027-386-5191(高崎北)070-1390-9152https://ameblo.jp/forest-takasakikita/  027-340-1923(高崎浜川)080-4635-4464https://ameblo.jp/forest-takasakihamagawa/  027ー384-4521(高崎東)080ー4735-0428https://ameblo.jp/forest-takasakihigashi/  027−393−6098(高崎貝沢)080-9465-9967https://ameblo.jp/forest-takasakikaizawa     

数学 住まいの夢を創る

近年、仙台市内や利府方面の方で、多賀城高校を敬遠する方々が増えました。
ぶっちゃけ多賀城高校は、仙石線沿線民じゃないと積極的に進学意思が薄くなる傾向がありますね。また、仙台市の方的には、どうしても都落ち感が強くなるので、なかなか仙台市中心部の方が選択肢にない傾向が強いです。
事実上、多賀城高校を視野に入れるのは、鳴瀬方面〜多賀城〜苦竹駅くらいの方が中心になってますね。
多賀城高校を選択するかどうか悩ましい中学としては、東仙台中幸町中西山中鶴谷中あたりですかね。この辺りだと、仙山線沿線の東照宮駅に近いと言うこともあり、仙高と天秤をかける方も多いので、なかなか多賀城高校に一極集中しないので、割れる傾向が高いですね。
東仙の方は、小鶴新田の教育意識が高い方は敬遠する傾向が高く、私立特進や大学附属を選ぶケースが増えました。それ以外の地域だと、選択肢に入れるケースが目立ちますかね。ことに苦竹寄りの方は殊更その傾向が強いですね。
仙石線沿線の中野・高砂・田子中は、逆に経済水準的に私立特進や大学附属を敬遠する傾向が強いので、この3つの中学に関しては、あまり都落ちだとは感じないようです。仙石線沿線でもないですが、岩切中の方は、立地的に経済水準が高くないので、ほぼ無条件で多賀城高校に進学したがりますね、ただ、岩切小の教育意識が高い方は、そうした岩切中の環境自体を敬遠し、小学生の段階で青陵中を志す方も多く、岩切小の青陵中合格者数は安定して毎年3〜5人はいる印象が強いです。二華中はなかなか受からないのが実情です。
逆に同じ仙石線沿線でも、あおば通駅〜陸前原ノ町駅沿線の中学の場合は、ほぼ多賀城高校に対して拒否反応が強い方が多いかな。倍率は、災害科が出来た影響で普通科の倍率が高くなった感じはしますが、逆に言えばあまり教育意識が高くない分、未だに仙塩地区の親御さんからは『災害科って、どういうことをする学科なんですか?役場の災害課狙いの人が多いんですか?』
っていう、アペトペな質問をなさる親御さんが、未だに後を絶ちません…しかも多賀城高校のお膝元の多賀城や塩釜の人から、そういう質問が多いのが特徴的です。
ぶっちゃけあまり調べようとしない親御さんが多い一方で、多賀城高校側が中学に出向いて説明会をするなどしてかない限りは浸透しないんじゃないかな。
以前、公立高の合同説明会に行った際に、多賀城高校の方にその辺りを聞いてみたら、こう言われました。①災害科は平たく言えば理数科だと思ってください
②役場・役所の災害課志望の人は居ないわけではないが、あまり居ない③中学に出向いて説明会を開くだけの人員が残念ながら多賀城高校には居ないんだそうです。
仙塩地区あるあるなのですが、国公立を狙いたがるくせに、理数科は敬遠したがる
んで、目下三高や向山や宮一理数科の偏差値が下降中だったりします。
私、数学が苦手な人ほど、理数科に行った方がいいと思ってます。で、理数の手数を増やして、国公立狙えるように鍛えた方がいいって、常々思います。
まあ、でも女子が理数科を敬遠してくれるおかげで、男子はこの理数科にこそ死中に活を求めることが出来るんですけどね。
しかし、まあ多分私はこの多賀城高校の災害科は仙塩地区民には認知されることは無いだろうなぁ〜って、思います。何度説明しても、親御さんや中学生が謎って感じの印象が強いようです。
なもんで、災害科はあの倍率になってるんですよね。おまけに、普通科の人が災害科を第二志望に出来ないところも痛いですね。向山や宮一みたいに普通科でも理数科に第二志望にできる制度がない限りは、多賀城高校の災害科の定員割れは改善されないっと、思われます。 
下記をクリックするとランキングに投票されます。目下二位で一位陥落したのでクリックご協力くださいませ。

家庭教師ランキング
にほんブログ村
読者登録してね! 
新たにLINE公式アカウントを作りました。追加宜しくお願いしますm(._.)m
↓中間テスト対策
 宮城県仙台市プロ家庭教師点取屋たかはし現在募集中の講座一覧表◆初めて受講される方へ◆生徒募集中(残りわずか!)
◆私の指導スケジュール
◆塩釜・多賀城・富谷期末テスト対策講座募集中
◆仙台市中間テスト対策講座募集要項
◆利府町期末テスト対策講座募集要項◆理科・数学検定の募集要項◆夏期勉強合宿の募集要項◆首都圏・東日本の進路相談・進路指導も可
◆お申込・お問合せ
←うちのHPに行きます
営業日 年中無休
住所 宮城県仙台市泉区
屋号  プロ家庭教師の点取屋たかはし

関連記事