数学で可愛く

数学

話は変わるけど数学

進研模試の結果が返却された。
定期テストは最下位。

進研模試は、定期テストよりはマシだった。
そういえば、進研模試。。息子は、
英語、数学は真面目にテストを受けたが、国語は集中力が切れたから 、物語しか解かなかった。
と、言っていた。

その通りの結果が出ていた。

プラスに考えてみると、やる気になったら、成績最下位にならないのであろう。
持ってる能力を充分に発揮してない。余力があるのだ。

個人的面談の時、担任に言われた。

英語、このままだとマズイですよ。と。

息子はそれに対して、進研模試の結果を見て、
『俺にそんな事を言うなら、あとの150人にも同    じ事を言ってくれ!』  と。

確かに。。

英語に関しては、校内で息子の後ろに 150人の生徒がいる。最下位ではなく、学年で57番だったのだ。

数学は、定期テストでは  4点だったが、進研模試では、校内偏差値が 50  だった。

なぜ、定期テストと進研模試の結果がこんなにも違うのか分からないが、息子が今後、真面目に勉強すれば、成績下位者にならないと感じた。

希望の光が見えた気がした。

ただし、、、

息子本人が真面目に勉強をすれば。。の事であるが。。。

数学 トラックが止まると、暮らしは止まる。

私達は、世界最低レベルの数学教育や理科教育を受けているとは、聞かされていましたが、
物理学や数学の本を読み返して、つくづくその感を深くしました。
数学や物理の教養なくして、世界や社会や人間を深く理解することなどできるわけがないのです。
これでは、賢い子どもなど生まれるわけがありません。
ピグマリオンでは、週一回の指導、一回50分で、小3までに小6内容が終了できるのに、何倍もかけて能力を創造させることができない学校教育では、賢い子どもが生まれることなど絶対にあり得ないことです。
賢い子どもは、学校教育外で育つのに、学校教育を強要する破廉恥さには、呆れかえってものがいえません。
とは言え、頭の悪い人間に罪がないのも事実です。
政治家や制度に責任ある人に本当の責任はあるのです。

関連記事