• ホーム
  • 数学
  • 数学が満載!楽天なら品数豊富でお手頃価格

数学が満載!楽天なら品数豊富でお手頃価格

数学

えっ!あの数学がこんなに激安!

夏休みの読書感想文てさ、拷問のようにツライでしょ。感想文なんて何を書くべきかなんてルールを聞いたことがないよね。読者好きな人でも感想文は苦手という人も多かった。感想文が読書嫌いを促進しているという意見は全くの道理。
中学生まではちゃんと書かせるよ。でも高校生になればもういいやない。他にやることは山ほどあるのに、原稿用紙5枚を汚さないといけないルールを守るのは大変じゃないか。昔は書いてあげていたよ。
将来、看護師になりたいという生徒には遠藤周作の不朽の名作。
海と毒薬 (新潮文庫)391円Amazon
これで感想文を書いたら、先生からのポイント高いでしょ。勝呂医師の少年時代のエピソードなんかは、中学入試の題材としても有名じゃない。でも実は私はちゃんと読んだことがなかったのね。ブックオフで買って読んだわ。やっぱり本当に不朽の名作だ。

数学が苦手だった女の子には、
博士の愛した数式324円Amazon
これは単純に楽しめた。数学が苦手だけど一度読んでみました的な感想文なら、先生ウケするでしょ。
しかし、困ったやつもあったわ。私が感想文を書いてあげる場合には、一つ注文を付けていた。必ず本は読むこと。だから、ある男の子には読みたい本を持ってこさせた。そうしたら、、、
美丘 (角川文庫)555円Amazon
これを持ってくるのか。当時、吉高由里子主演のドラマで有名になった恋愛小説。
しかしだね、当時30代だった私が恋愛小説の感想文を普通に書いたら、高校生が書いていないことなんてバレバレじゃない。でもこの小説もいい作品でさ、感想文書こうとすると感情が乗ってしまうんだよね。仕方ないから手加減なしで書いたわ。塾のアルバイトの女子大生がその感想文を読んで「この本は読んでみたいわ」と言っていた。
本を読むのは楽しいよね。映画とかも楽しいんだけどなんか次元の違う楽しさだわ。時間さえあればいろいろな本を読みたい。
読書感想文を書いてあげていたのも、私自身が本を読む時間を持ちたかったからだけど。実際、感想文を書くこて自体は、2000字くらいだったら一時間くらいで出来るでしょ。でも高校生には出来ないよね。文章を書く力は、大学で養われる部分が多いんじゃないかな。
今日の一曲は、ユーミンの輪舞曲。
いくた

数学のお買い得を探すならココ

 1969年7月20日、世界中の人々はテレビの前で釘付けになっていた。人類が初めて月に降り立つ瞬間を見るためである。『静の森』にアポロ11号のアームストロング船長が星条旗を立てた。彼の左腕には『オメガ・スピードマスター』が巻かれていた。 64年、NASAから複数の腕時計メーカーにクロノグラフ購入の打診があった。NASAの厳しい要求に対して、自信をもってテストを受けると回答したのはオメガを含む3社のみであった。テストは気圧や気温・湿度変化、衝撃、加速度、振動など、『時計を壊すためにテストをしているのではないか』と思えるほど過酷なものであった。65年、オメガに一通のシンプルな手紙が届く。唯一、過酷なテストに耐え抜いた『スピードマスター』がNASAから、正式な「飛行資格認定」を与えられた瞬間である。  大学受験も一段落した3月下旬、私の教室にH・K君が訪ねてきた。指導机に向かい合って座った私に「無事、早稲田大学法学部に合格しました」といって、彼はカバンから私がお守りとして貸していた『オメガ・スピードマスター』を取り出し「有難うございました」と言って戻してくれた。  H・K君が私の教室に来たのは、彼が小学校を卒業した春休みのこと。そして春期の体験学習を終え、そのまま継続して会員になった。サッカーをやっているH・K君は、端正な顔立ち、利発そうで負けず嫌いな性格をしていた。しかも春休みに実施した『模擬試験』では高得点を獲得してくれた。 私は、そんな彼に「H・K君は学力も高いし私服が似合いそうだからM高校だよな」と早々に中学1年生になったばかりのH・K君に、志望高校を示した。彼もまんざらではない表情を返してくれた。彼は、私が予想していた通り順調に学力を伸ばしていった。しかし意外と頑固なところもあり、それが災いしてか学力の割には内申点が抜群とはいかなかった。彼との想い出では、中学校1年生の時、彼はちょっとした病気になり1週間ばかり入院した。その時は、病院まで教材を作成して運んだ楽しい記憶がある。 もう一つ苦い想い出として、理由は忘れてしまったが、私は彼のお母さんから『こっぴどく叱られたことがある(笑い)』。「私はKを、塾を辞めさせたいから言うのではないですよ!信頼しているから許せないんです!」・・・といったようなことを言われた記憶がある。なぜ叱られたことだけを鮮明に覚えているかと言うと、塾講師経験の中で、お母さんに叱られたことなど、後にも先にも初めての経験だったからだ。  そんなH・K君も高校受験の時期がやってきた、札幌M高校は内申点が最高ランクの生徒しか受験しない札幌でも一番レベルの高い高校だ。加えてその年から北海道の公立高校は『裁量問題選択制(国語・数学・英語に難問と標準問題を出題し、高校がどちらかを選択できるシステム)』の初年度であった。当然、進学校は皆、難問のほうを選択した。 H・K君は入試が近づくにしたがって、M高校受験に不安を隠せない様子で、イライラすることが多くなった。私は、そんな彼に「この時計は、スピードマスターと言ってNASAが月面着陸のために用意したテストをすべてクリアした時計だ。アームストロング船長と一緒に、月面着陸をしたんだ。H君にお守りとして貸してあげるね。だから絶対に合格するよ」と言って渡した。「良いんですか」と時計を受け取った彼はニッコリ微笑んでくれた。  私は入試当日、朝の9時から教室に待機していた。試験が始まった30分後、インターネットから入試問題を引っ張り出し、分析してみた。その結果、前年より5科目で45点は低くなるという予想をした。しかしテレビで入試速報を行っている学習塾は、皆、昨年並みと予想していた。夜、家に戻っているH・K君の家に電話してみると、案の定テレビを見た彼は寝込んでいるとのこと。そこでお母さんに「どれくらいとれたみたいですか?」と聞いて見ると「Kは、〇〇〇ぐらいだと言っています」・・・すかさず私は「合格していますよ」と宣言した。それでも信用しようとしないお母さん・・・。  合格発表の日、H・K君は、にこにこしながら、ご両親と3人で合格の報告に来てくれた。それから高校1年生の終わりまで塾に通ってくれた。しかし彼は、部活が忙しくなり通塾が出来なくなった。ちょうど学校の帰りに立ち寄ることの出来る予備校があり、そこに通うことになった。そして彼は私のもとを去って行った。その時、お母さんは「本当はやめさせたくないんですよ」と言ってくれた。そして彼と入れ替わるように妹が入会してきた。  2年後、H・K君の大学受験が気になっていた私は、彼の妹に「お兄さん、どこを受験するの?」と聞いた。妹は「兄は、早稲田大学の法学部を受けます」と教えてくれた。そういえば、私は彼が中学2年生の時に「H君は国立じゃなく私立大学のほうが似合うよなあ・・例えば早稲田大学のような・・・」と無責任なことを言った記憶がある。 その時も、私は、腕に巻いていた愛用の『スピードマスター』を外し、彼の妹に「この時計、お兄さんに持って行ってくれる」と言って渡した。  それ以後、このスピードマスターは、私の分身として、何人かの受験生の腕に巻かれ一緒に受験を戦うことになった。またその間、私のスピードマスターはもう一本増えた。  過酷なテストにすべて合格した時計、スピードマスターは『受験生と共に戦った私の分身』であると思う。  Blueさんのために。『ロンドンデリーの歌』曲 アイルランド民謡 訳詞 津川 主一 歌 由紀さおり 安田祥子 You tube https://www.youtube.com/watch?v=f3lofFqW8EI  わが児(こ)よ いとしの汝(なれ)を 父君(ちちぎみ)の 形見とし こころして 愛(いつく)しみつつ 今日(きょう)まで 育てあげぬ ふるき家を 巣立ちして 今また 汝はいずこ よわき 母の影さえも 雄々しき汝には 見えず  果てしのなき かの路の あなたに 汝はゆきぬ むなしき わが家(や)を見れば 亡き父君 おもわる 足もとの 草むらより 立つは さえずる雲雀(ひばり) あゝ我も 強く立ちて わが家の 栄誉(ほまれ)を守らん  トップゼミナールのホームページはこちらから http://www.topzemi.co.jp/ 

関連記事